非手術的ペニス増大術

توسط Wilson Cham 2017-10-10『ペニス増大』テーマリスト2017-10-10 2017-10-10

引っ張ることよるペニス増大方法は民間療法と、器具を用いた補強である。性器は、細胞組織であるため、継続的に引っ張ったりすると、生物学的原理上長くなったりする。
しかし、その効果は人によって千差万別である。効果を見た人も存在し、何の変化もない人も存在する。 一度この方法に性器が大きくなることができれば、手術療法とは異なり、勃起前はもちろん、勃起後の長さも増える。
これは非常に重要な事項である。 非手術的ペニス増大術のうち、現在の泌尿器科医が実際の拡大効果があると認めることは、牽引装置だけである。
正確に言えば、これ医学的な検証がされている唯一の方法である。しかし、一部の保守的な医師たちは、これさえも信じず、
拡大手術だけが唯一の方策だと主張する。
その他のジェルクよう雑多方法は、ほとんど効果がないと話している。経験の中で勃起に問題が生じた人も存在する。
参考に真空ポンプはジェルク運動と同様の原理で拡大効果はありますが、ジェルク運動よりもはるかに海綿体内の圧力が高くなるため、
性器に深刻な負荷がかかる。適度に調節していなければ、悲惨な結果が生じるかも知れないから、絶対に注意しなければならない。
特に増やしてみると、一度に一時間以上ジェルクをする場合に実際に何か出てしまう感じがしながら、まったく勃起がない場合もある。 下の運動よりも重要なのは、週に2回以上30分の有酸素運動をして体力を養うことと、十分な栄養素を摂取することである。
PCの動き、ケーゲル運動などの前立腺と精力に直接役立つ運動も陰茎の拡大に役立つ。 そして、この運動を2年間してきた某外国人の兄弟たちによれば、確かに何もしなかったときより大きくなるとする。長い時間はかかるが効果は明らかである。 一日15分ずつ運動をしてきたその二人は最初の6?8ヶ月間は、1?2cm程度育ち、その後数か月間停滞期がきたのに、あきらめず時間帯を変えて、
グリップを変えて再度6?7ヶ月を着実にしたという。1年6ヶ月ぐらいされたときの両方また1?1.5cm近く育ち、再びグリップを変えて、
時間を増やすか、時間帯を変えるなどの方法で、2年が過ぎると、そこまた1?2cmが育ったとする。
もちろん、一日に2?30分程度で着実にするという。ほとんどが6?7ヶ月ぶり過ぎるその辺でやめたこれらの言葉によると、人ごとに効果が異なるので着実に、
ゆっくりとしながら運動と栄養摂取に気使えばその後も少しでも追加の拡大を期待できるとする。 ただし性器に張力を加え長さを増やす方式の場合には、短期間に長さを育てるという欲を出して行うと性器の神経が切断される
致命的なダメージを受けることがありますので、注意を要する。
ペニス神経は非常に細く繊細で切断すると、復元手術もできず不感症になってしまうので注意が必要です。
エクステンダーを使用して「早漏が改善している」という声をしている人は、性器の延長を通じた信頼増進可能性がありますが、
過度の張力により、神経の損傷を受けた可能性があります。



نظر بدهید

 

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans